ソフトウェア?プライバシーポリシー

ソフトウェア?プライバシーポリシー

1. 本規約の適用範囲

ケージーエス株式會社(以下、當社といいます。)は、點字関連機器の開発?販売事業において、お客様に以下のようなソフトウェア(以下、當社ソフトウェアといいます。)を提供しています。

  1. 當社が開発し、または販売する點字関連機器(以下、當社機器といいます)の制御ソフトウェア。
  2. 當社機器をPCやスマートフォンなどの、他の情報機器(以下、情報機器といいます。)と接続して利用するために、情報機器內で動作するソフトウェア。
  3. 視覚に障害を有するお客様の情報機器利用を支援するために、情報機器內で動作するソフトウェア。

これらのソフトウェアにおける、お客様の「特定の個人を識別することができる情報」(以下、個人情報といいます。)等の取扱いについて、下記のとおりお約束いたします。
ただし、當社ソフトウェアは、音聲テキスト変換サービス、畫像テキスト変換サービス、その他の第三者サービスプロバイダーが提供する機能(以下、適用除外サービスといいます。)を使用することがあり、お客様がこれらのサービスを利用する際には、入力された情報および端末に登録された個人情報が、各サービスモジュールのプライバシーポリシーに基づいて、再利用される可能性があります。
當社ソフトウェアの適用除外サービスは、當該ソフトウェアの取扱説明書に明示して、お客様に周知致します。

2. 対象ソフトウェアにおける個人情報の利用方針

當社ソフトウェアにおいては、次の情報(以下、ソフトウェア管理情報といいます。)を、當社機器および情報機器から取得し、雙方の機器の制御、並びに點字、音聲、文字による出力のために使用します。

  1. お客様が、當社機器、情報機器、および情報機器上で動作するソフトウェア(他社製ソフトウェアを含む)を利用するために行う入力情報。
  2. 情報機器のユーザ補助機能、並びに情報機器上で動作するソフトウェア(他社製ソフトウェアを含む)がユーザに提供する表示情報、その他の出力情報。
    當社は、ソフトウェア管理情報に、お客様の重要な個人情報が含まれていることを認識し、當社ソフトウェアにおいて厳重に管理します。

當社ソフトウェアは、適用除外サービスを除き、ソフトウェア管理情報を、お客様の意図的な操作によらずに、直接、當社機器、および情報機器の外部に送信することはありません。
また、これらの情報は、以下の目的実現のために使用し、他の目的で使用することはありません。

3. 対象ソフトウェアにおける個人情報の利用目的

  1. 本體機能:當社機器、並びに當社ソフトウェアの取扱説明書に明記する、當該製品の機能?サービスの実現。
  2. アクセシビリティ機能:當社機器、情報機器、並びにその上で動作するソフトウェア(他社製ソフトウェアを含む)を、視覚に障害を有するユーザにも利用できるようにするための機能の実現。
  3. ユーザサポート:ユーザの同意の元に、上記機器、並びにソフトウェアをユーザがスムーズに利用できるようにするための支援業務。
  4. 修理業務:お客様より修理のためにお與りした當社機器內の、お客様作成情報保持のためのバックアップ(情報のバックアップが可能な場合)。
    (*)お客様が、適用除外サービスを利用する場合、入力された情報および端末に登録された個人情報が、各サービスモジュールからサービスプロバイダーに送信され、保存?再利用される可能性があります。

4. 本ポリシーの変更について

當社は、以下のような事由により、予告なしに本ポリシーを変更することがあります。

  1. 日本國および関係國の個人情報に関わる法律の改正などにより、本ポリシーの修正が必要になった場合。
  2. 當社がお客様によりよいサービスを提供するために、本ポリシーの修正が必要になったと判斷した場合。

本ポリシーを修正する場合、修正內容を、當社ソフトウェア付屬文書、並びに當社HPなどの関連サイトに掲載し、お客様に周知致します。

999久久久免费精品国产,AV永久天堂一区二区三区,97se亚洲综合一区二区三区,40岁成熟女人牲交片20分钟